ずぼら主婦の日常

ずぼら主婦の日常をお届けします。2017年5月に出産、7月に里帰りから戻り、本格的な育児が始まりました。出産前は「週末に作り置きを作って旦那さんのお弁当は毎日作ってあげよう」と思っていましたが、ずぼらな私にそんなマメなこと、出来るはずがありません。

一日のスケジュールをご紹介。朝5時に授乳、7時に起床、前日のおかずの残りを旦那の弁当箱に詰め、出勤していくのを見送り、二度寝。9時から10時の間に起き、食事を済ませ、授乳を済ませ、ひたすらスマホでネットサーフィン。子どもが起きてたら遊びますが、寝ていたら食事の準備と家事以外はずっとウダウダ。4時くらいから夜の献立を考え、7時頃には完成。気分が乗っていれば掃除機をかけながら旦那の帰りを待ったり、子供を沐浴させたり。夕食は旦那が帰ってきてから一緒に食べます。

洗濯、掃除機は毎日する。そう思っていた自宅帰宅直後。しかしその生活も3週間程度しか持ちませんでした。やらなきゃいけないのはわかるけど、私、家事が根本的に好きじゃないんですよ。なので、死なない程度に不衛生にならない程度のズボラさで日常を送っております。もうちょっと生産的に時間を使いたいなー。

 

はじめての育毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です